2010年08月11日

テンペのサンドウィッチ オーロラ

マクドナルドの「チキンバーガー オーロラ」をマネッ子して作った “テンペのサンドウィッチ オーロラ”♪
子供から男性まで、おいしくいただけます!!もちろん女性にも。テンペが苦手な方も大丈夫です♪

=テンペのサンドウィッチ オーロラ=

DSCF6430-3.jpg

<材料>・・・2人分
天然酵母全粒粉食パン8枚切り 4枚
テンペ         100g
玉ねぎ         1/4個 → スライスする
キャベツ        2〜3枚 → 千切りにする
にんじん        1/4本 → 千切りにする
レタス         2枚   → 千切りにする
トマト(お好みで)   2スライス

☆しょうゆ        大さじ 1
☆みりん         大さじ 2
☆にんにく        1/2片 → すりおろす
☆しょうが        1/2片 → すりおろす
☆クミンパウダー     少々
☆自然塩         少々
☆コショウ        少々

有機ケチャップ     大さじ 1
有機豆乳マヨネーズ   大さじ 2

<作り方>
@ テンペを適当な大きさ(パンの大きさにあわせる。今回は厚さ半分に切り、4等分)に切り、☆印の調味料を合わせたものに約1時間以上漬け込む。
A 玉ねぎはスライスし、塩少々でもみ冷水に浸す。キャベツ・レタス・にんじんもそれぞれ千切りにし、冷水に浸しシャキッとさせる。トマト(お好みで)は、厚さ8mmぐらいにスライスしておく。
B 有機ケチャップと豆乳マヨネーズを混ぜ合わせて、オーロラソースを作る。オーロラソースの濃度が濃い場合は、りんご酢又は玄米酢で2〜3滴で調整する。
C 1時間以上漬け込んだ@のテンペを、素揚げする。
D 食パン1枚にオーロラソースを薄く塗り、水切りした玉ねぎスライス・キャベツ、レタスのスライス、素揚げしたテンペ、トマトと順に乗せ、最後にオーロラソースをかけて、残りの食パンをのせて、形を整えて出来上がり!!

<ポイントと注意>
(1) テンペの下味はしっかりとつけた方がおいしくいただけます。 → テンペが苦手な方は、この工程は特にしっかりと!!
(2) 今回、テンペを素揚げしましたが、フライパンでソテーしてもOKです。
(3) テンペは丁寧に扱ってください。メーカーによっては、ボロボロ崩れてしまいます!!
(4) 普通のサンドウィッチと違って、バターやマーガリンを使わないので、野菜の水切りはしっかりと!! → 水っぽくなると、おいしくありません。(というか、パンがフニャっとなって、私は食べられません・・)
(5) 野菜は季節の野菜をなんでもどうぞ。 → 例えば、きのこをソテーして、バルサミコ酢で味付けしたものをテンペと一緒に挟んでもおいしいです!
(6) パンは消化に時間がかかり、身体への負担も大きいので、たっぷりのスープと一緒に召し上がってくださいね〜♪


【関連する記事】
posted by kaopu at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ごはんもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

桃のアイスクリーム

思い立ったら約20分(アイスクリームメーカー使用)で出来てしまう桃のアイスクリーム♪
余計なものは入れないので、桃のほんのりした甘みが美味しくいただけますよ。

=桃のアイスクリーム=

DSCF6327-3.jpg


<材料>・・・中ぐらいのアイスクリームディッシャーで5個分

桃       中1個 (種を除いて約120g前後)
豆乳      100cc
甜菜糖シロップ 25g〜30g
自然塩     ひとつまみ

<作り方>
@ 桃は種と皮を取り除き、適当な大きさに切る。
A ミキサーに、@の桃と豆乳、甜菜糖シロップ、自然塩をいれ、軽く攪拌する。
B アイスクリームメーカーにAをいれ、約20分まわす。
C 冷たくした器に、Bを入れて召し上がれ。

<ポイントと注意>
(1) Aでミキサーで攪拌するとき、桃が完全になくならない程度に、ツブツブが残っているぐらいの方が美味しくいただけます。
(2) Aで出来た液体を、味見してみて桃の甘みが足りないようなら、少しだけ、甜菜糖シロップをくわえてもよいです。
(3) アイスクリームメーカーがない場合は、バットにAをいれ、冷凍庫で約2時間凍らせて取り出し、フードプロセッサーで攪拌させて再びバットに入れて凍らせて作る。2〜3回、これをすると、比較的滑らかなアイスクリームが出来上がりますよ♪


posted by kaopu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

プチ・トマトのコンポート

真っ赤な色がかわいいプチ・トマトのコンポートです♪
白ワインや冷たく冷やした日本酒にもよくあう、おつまみです!!おもてなしのお料理にもどうぞ・・・。
ほんのり甘いので、お子様にも・・・♪♪♪

=真っ赤なプチ・トマトのコンポート=


DSCF6270-トマトコンポート-2.jpg

<材料>・・・プチトマト20個分
プチトマト   2パックぐらい
白ワイン    150cc 〜 200cc
水       白ワインと同量
甜菜糖     大さじ2 〜 3
自然塩     ひとつまみ

<作り方>
@ プチトマトは湯向きする。
A 小さい鍋に白ワイン、水、甜菜糖、自然塩を入れて、砂糖を煮溶かす。
B 弱火にして、@で湯向きしたプチトマトを静かに入れ、約5分コトコトと煮る。
C Bのプチトマトを取り出し、別の容器に入れ、煮汁のみ鍋でさらに5分〜8分煮詰める。
D Cの煮詰めた煮汁を、別容器に入れたプチトマトに注ぎいれ、冷めたら冷蔵庫で一晩寝かせる。
E 一晩寝かせたコンポートを器に持って、ミントやパセリを飾って召し上がれ♪

<ポイントと注意>
(1) マクロビオティックでは、一物全体を基本としてますが、このお料理に関しては、プチトマトの皮は湯向きしたほうがいいです。
(2) 湯向きしたトマトは崩れやすいので、丁寧に扱うと、キレイに仕上がります。
(3) コンポート液にプチトマトを入れて煮る間は、弱火を保つこと。火が強いとトマトの形が崩れます。
(4) よく冷やして食べたほうがおいしいですよ♪

*アルコール分は、飛んでしまうので、子供も食べれます*

posted by kaopu at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

ごぼうの和風ポタージュスープ

和風の優しいお味のポタージュスープです。
体調が優れない時にも、すんなり飲める栄養満点のスープ。お試しください♪

=ごぼうの和風ポタージュスープ=


DSCF0993-2.jpg


<材料>・・・3〜4人分
ごぼう    30Cmぐらいのを1本 (千切りにする)
キャベツ   1/5個 (ざく切りにする)
玉ねぎ    1/2個 (まわし切りにする)

あさつき   適量 (飾り)

ごま油    少量

昆布椎茸だし 600cc強

自然塩    適量
白味噌    小さじ1弱
麦味噌    小さじ1強

<作り方>
@ 厚手の鍋に、ごま油を薄くひき、中火にかけ、油が温まったらごぼうをいれる。
ごぼうの甘い香りがするまで、じっくり炒める。
A ごぼうの甘い香りがしてきたら、玉ねぎをいれ、一つまみの自然塩を振ってじっくり炒め、玉ねぎの甘みを引き出す。さらに、キャベツをいれ、サッと炒める。
B Aに昆布椎茸だしを、野菜がひたひたになるぐらいまで入れ、中火で煮立たせて、蓋をして、沸騰したら弱火で15分〜20分、野菜が柔らかくなるまで煮る。
C Bをフードプロセッサー(又はミキサー)にいれ、滑らかになるまで攪拌する。
D Cを鍋に戻して、好みの濃さになるまで、残りの昆布椎茸だしをいれ、再び弱火でかけ、自然塩2〜3つまみを入れて味付けし、約5分ほど煮る。
E 少量の昆布椎茸だしでといた白味噌と麦味噌をDに加えて、さらに約5分煮る。
F 味が薄いようなら、自然塩を少し加えて調整する。
G 器に盛り付け、あさつきを飾って出来上がり♪

<ポイント>
(1) @で、ごぼうをじっくりと炒めること。
ごぼうの灰汁を、旨みに変えることができたら、このスープは、ほぼ成功です!
(2) Bで加える昆布椎茸だしは、野菜がひたひたになるぐらいでOK。もし残った場合は、最後でスープの濃度を調整する際に使います。
(3) 味付けはお好みで変えてください。塩を抑えて、味噌を多めにしてもおいしいです。

<注意>
出来上がったスープを温めるときには、煮立たつ寸前の火加減を保ったほうがおいしく仕上がります!

野菜は、ごぼうを中心にいろいろな季節の野菜にしてもOK。
洋風のポタージュスープもおいしいけど、たまには和風のポタージュもいいかも♪♪



posted by kaopu at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーマンの肉詰め風 ケチャップソース

マクロ仕様でもGOOD♪ 冷めても美味しいのでお弁当にも! 簡単ケチャップソースが決めてです!!!

=ピーマンの肉詰め風=


ピーマンの肉詰め風-3.jpg

<材料>・・・ピーマン4個分
ピーマン     4個

生こうふう    半パック
干ししいたけ   1個 (水に戻してみじん切り)
人参       1/5本 (みじん切り)
玉ねぎ      1/4個 (みじん切り)
地粉       大さじ1

昆布椎茸だし   50cc
醤油       適量
自然塩      適量

なたね油     適量

有機ケチャップ  大さじ3
有機中濃ソース  大さじ1
白ワイン     大さじ

<作り方>
@ ピーマンは縦半分に切って、中の種を取り除く。 
A フライパンに昆布椎茸だしをいれ、中火でふつふつとさせたら、みじん切りにした玉ねぎを自然塩一つまみ振って、いためる。
B 玉ねぎの甘みが十分に引き出されたら、人参・干ししいたけを入れて軽く炒め、その後、生こうふう半パックをいれ、さらに炒め、醤油・自然塩で、軽く味付けする。
C Bをバットにあげ、粗熱をとる。
D ピーマンに地粉を薄くまぶし、粗熱の取れたBを、ピーマンに隙間なくぎっしり詰める。
E フライパンに、なたね油を薄きひき、中火で、具の入ったほうを下にして、軽く焦げ目がつくまでピーマンを焼く。その後、ピーマンの裏側も軽く焦げ目がつくまで焼いて、お皿に盛り付ける。
F ソースを作る。Eのピーマンを取り出したフライパンに、弱火で白ワインをいれて煮立たせ、続けてケチャップ・中濃ソースをいれて、トロっとするまで火を通して、完成したら、ピーマンにかけて、召し上げれ♪

<ポイント>
(1) Aでウォーターソテーをするさい、水でもOKです。昆布椎茸だしを使うと、味に深みがでて美味しいです。
(2) Bの味付けは、軽くでOK。(むしろ軽めの方がよい!)ケチャップソースの味が引き立ちます。
(2) Dでピーマンに地粉をまぶすのは、フライパンで焼く際に具がピーマンから離れないようにするためです。また、ピーマンに、隙間なくぎっしり具を詰めることで、型崩れしにくくなります。

<注意>
ピーマンに具を詰めてからフライパンで焼くさいは、弱めの中火で!強火で焼くとピーマンが破裂します。


***具が残ったら、「そぼろ風ご飯」や「そぼろ風あんかけ」にどうぞ!
その際は、少量の水を沸騰させ、その中に残ったそぼろ風と生姜の絞り汁、少量のお味噌、醤油で、味を足したほうが美味しくいただけます♪***




posted by kaopu at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おかず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。